sweet * hug ですリボン
半田市の子育て支援課が中心となって開催している「はんだ子育てネットサロン」に昨日、参加してきました。
偶数月に開催されているようですが、存在を知らず、今回が初めての参加です。
今回は「PURPLE CRYING」について学んできました。
紫色…というのは関係なく、赤ちゃんの泣き行動を示す英語の頭文字からきています。

  P…ピークがある(生後2~5か月)
  U…予想できない
  R…なだめられないこともある
  P…痛そうな表情をすることも
  L…長く続く
  E…夕方

というもの。
赤ちゃんは(当たり前なのですが)泣くものです。
でも毎日だったり、周りの目が気になったり、長い時間泣き続けられると、ママも泣きたくなってきてしまいますよねうるっ
ママだけでなく、すべての人に、「赤ちゃんは泣くもの」と覚えておいてほしいのです。
ママが悪いわけでも、赤ちゃんが悪いわけでもありません。
赤ちゃんは泣くのが普通なのです。
周りの人もそれを覚えておいてくださるだけで、ママの気持ちも少し楽になります。
疲れがたまり、イライラが募ると、ときにカーっと頭にきて、暴力的な行動をとってしまうこともあります。
そうなる前に…。
■ すべての方へ。
周りのママ・パパが困っていたら、心の余裕をプレゼントしてあげてくださいcandy☆
ほんの少し、自由な時間をプレゼントしてあげてくださいcandy☆
そして、どうか泣いている赤ちゃんとママを冷たい目で見たり、「うるさい」等と言わないであげてくださいねうるっ
■ ママへ。
このPURPLE CRYINGは病気でもなんでもありません。
ただ赤ちゃんはよく泣く時期があるのです。
そして、いつまでも続くわけではありません。必ず終わりが来ます。
しばらくは寝不足も続くでしょうしお辛いでしょうが、ときには周りの方の助けも借りて、乗り切りましょうねにっこり
辛いことは素直に辛い、と声に出すことも大切です。話し相手を見つけて、話してみてください。
赤ちゃんはもちろん、ママご自身も大切になさってくださいねcandy☆
育児が楽しいものになりますように・・・キラキラ*